アンチエイジングにはこの成分!

老化というのは、簡単に言ってしまうと体内の細胞が酸化することによって、錆びてしまった状態です。
例えば、鉄を何も手入れをしないで外に放置しておくと錆びてしまいますし、りんごを切ってしばらく置いたままだと茶色くなりますが、細胞にも同じことが起こるのです。
細胞が錆びると本来持っている働きができなくなり、それが老化という形で現れてくるのですね。
そして、この細胞の錆びを引き起こす一番の原因が活性酸素です。
活性酸素には強い攻撃力があり、体内に侵入した細菌やウイルスと戦って排除するという役割を持っています。
しかし、紫外線など外部からダメージを受けたり、喫煙や睡眠不足などでも活性酸素は発生し、必要以上に体内に増えてしまいます。
過剰発生した活性酸素は、正常な細胞まで攻撃をしてしまって酸化を促進し、結果的に錆び(老化)させてしまうので、老化予防には活性酸素を除去する抗酸化作用を持った成分を摂ることが重要になるのです。

抗酸化作用は抗酸化物質に含まれていますが、その代表的なものはポリフェノールです。
ポリフェノールは赤や黄色、緑色など鮮やかな色を持つ野菜や果物にたっぷり含まれています。
トマト、りんご、いちご、レモン、みかん、ピーマン、ブロッコリーなど、ほとんどの野菜や果物に含まれているので、積極的に食べたいですね。
ちなみに、チョコレートの原料となるカカオにも、カカオポリフェノールが含まれているので、カカオの純度が高いチョコも抗酸化作用が期待できます。

また、ナッツ類や種子類、発酵食品にも抗酸化作用がありますし、大豆に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種になりますから、納豆や豆腐などの大豆加工食品も老化予防に効果的です。
食べ物から摂るのが難しい場合でも、紅茶や烏龍茶にはタンニンというポリフェノールが含まれていますし、緑茶にはカテキンやフラボノールというポリフェノールが含まれています。
このように、細胞の酸化を防ぐ抗酸化物質はいろいろな食べ物に含まれているので、バランスの良い食事を心がけることが老化予防につながるのですね。

酵素サプリメントで抗酸化物質を手軽に摂取。

This entry was posted on 2015年5月21日.

どんな時に老け(老化)を感じる?

どんな生き物でも、年齢を重ねていけば老化していきますし、これは自然の法則ですから逆らえません。
ですが、食べ物や生活習慣を変えることで老化を遅らせることはできます。
老化が始まると、身体はサインを出すようになりますが、疲れや体調不良と勘違いしてしまうこともあります。
ここで気がつけば自分で対策ができますから、老化のサインを見逃さないようにしたいですね。

老化を感じる時が多いのは、やっぱり顔でしょう。
老化はダメージを受けやすい部分から始まるので、メイクや紫外線、洗顔などで負担をかけられることが多い顔は、もっともサインが出やすいです。
おでこや目尻にしわが出来る、肌のハリがなくなるなどは典型的な老化の症状ですが、他にもアイラインが引きづらくなったり、ファンデーションのノリが悪くなる、くすむなども老化を感じる瞬間でしょう。
また、意外に年齢が出やすいのが首です。
顔はしっかりお手入れをしているので、ある程度若さを保てている人もいますが、年齢を重ねると首にしわが寄ってきます。
ある日突然首のしわに気づいて、老けたなと感じる方も少なくありませんから、首の状態も毎日チェックしておきたいですね。

身体で言うと、疲れやすくなったり、出かけるのが億劫になったりすると、老化を感じますね。
若い頃は人ごみも気にしなかったり、お出かけも楽しいものですが、年をとってくると面倒臭いという方が先に立ってしまいます。
このような状態を老化と感じない方もいるかもしれませんが、すぐに疲れる、出不精になるのは身体の老化のサインの一つになります。
家の中にいるのは悪いことではないものの、外から刺激を受けなくなると、身体や脳はどんどん老け込んでしまうので、出来るだけ家にこもらないようにしましょう。

他にも、脂っこいものが食べられなくなったり、肩こりや腰痛が出るようになったり、物覚えが悪くなるなど老化を感じる時はたくさんあります。
老化を感じるとショックですが、逆にお肌や身体のメンテナンスを始めるサインだと思って、前向きにアンチエイジングしていきましょう。

This entry was posted on 2015年5月21日.

老化を感じるのはどこ?

老化を真っ先に感じる部分と言えば、まず顔が挙げられます。
顔の皮膚は平均で2mmですが、まぶたはなんと0.6mmしかないので、身体の部位の中でももっとも皮膚が薄いデリケートな部分です。
だからこそ他の部位よりも丁寧にスキンケアをするのですが、どんなに頑張ってスキンケアをしても、外部から刺激を受けやすいため一番老化しやすいのですね。

顔の中で特に老化しやすいのは、皮膚がもっとも薄い目の周りです。
目の周りの老化の症状というのは、主にまぶたが痩せる、目尻に細かいちりめんジワができる、下まぶたがたるむなどがあります。
人間は目を見て話をしますし、第一印象は目で決まるとも言われますから、目の周りが老化してしまうとものすごく目立ちます。
ですので、顔の中でアンチエイジングをするのであれば、まずは目元からという方も多いでしょう。

そして、次に気になるのが頬のたるみです。
頬というのは、表情筋と頬骨で支えられていますが、意識して鍛えていないと加齢とともに表情筋の筋力は衰えてしまいます。
支える筋力がなくなると、頬骨に皮膚や脂肪が乗っかった状態になるので、頬がたるんだりほうれい線が出来てしまうのですね。
また、顔から首は一枚の皮でつながっているので、頬がたるめばフェイスラインのたるみや首のシワの原因にもなります。
他の部分にハリがあっても、頬やフェイスラインがたるんでいるとかなり老けた印象になりますから、アンチエイジングは欠かせません。

もう一つ外せないのがおでこのシワです。
鏡を見るときは筋肉もぐっと引き締まるのであまり目立ちませんが、気がゆるむとおでこにシワが寄っているなんてこともあります。
おでこの皮膚は比較的厚めなので、形状記憶機能がしっかり働いてしまうため、頭皮のたるみや普段の表情でシワができてしまいます。
頭皮がたるむと重力によって下がるのでおでこにシワがよりますし、驚いたり怒ったりしたときにおでこにシワを寄せるクセがあると、形状記憶機能によってシワが刻み込まれるので、しっかりアンチエイジングしておきたいですね。

This entry was posted on 2015年5月21日.

アンチエイジングはスキンケアから

加齢によるお肌の悩みはいろいろですが、大きく分けると、シミ(くすみ)、しわ・たるみが挙げられます。
どちらも加齢によって引き起こされるものの、できるメカニズムが異なるので、アンチエイジングをする場合には、それぞれに適したスキンケアを行っていく必要があります。

まず、シミ(くすみ)に対しての有効なスキンケア方法は、美白成分を取り入れることです。
ただし、美白成分にはメラニン色素の生成を防ぐものと、色素沈着しているメラニン色素を薄くするものの2種類があります。
老化によって起こるシミというのは、すでにメラニン色素が沈着している状態なので、排出する効果がある美白成分を使ってケアしていきましょう。
美白成分として認められている中で、メラニン色素を還元する作用を持っているのは、ビタミンC誘導体とハイドロキノンになります。
どちらも、沈着しているメラニン色素を淡色にする還元作用があるので、加齢によって出来てしまったシミも改善できます。
また、ビタミンC誘導体は肌細胞の身代わりとなって活性酸素に酸化されるという性質を持っています。
つまり肌細胞を攻撃して老化させる活性酸素の働きを阻害してくれるので、肌老化も防ぐという一石二鳥の効果を得ることができるのです。

一方、しわやたるみに対してのスキンケアで有効なのは、レチノイン酸やレチノールです。
肌の健康というのは、ターンオーバーで古い角質と新しい細胞が入れ替わることで保たれます。
ですが年齢を重ねていくとターンオーバーの速度が遅くなり、さらに紫外線などによる活性酸素の影響によってターンオーバーのサイクルも乱れてしまいます。
ターンオーバーが正常に行われないと、肌の真皮層でハリや弾力、潤いを守っているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が劣化してしまい肌がしぼんでしまい、しわやたるみが引き起こされます。
レチノイン酸やレチノールは、細胞分裂を活性化してターンオーバーを促進する効果があります。
また、レチノイン酸にはコラーゲンの活性化やヒアルロン酸の合成を促進する働きがあるので、しわやたるみのアンチエイジングに効果的です。

This entry was posted on 2015年5月20日.

人気のアンチエイジング方法

アンチエイジングというのは、ここ数年でよく耳にするようになりましたが、アンチエイジングの意味がいまいち分からないという方もいるかもしれませんね。
エイジングは老化という意味で、アンチは反する、抗う、対抗するという意味なので、アンチエイジングはストレートに言うと老化に抗う、老化に反抗するという意味になります。
そのため、アンチエイジング=老化をストップさせる、という意味だと思っている方が多いようです。
ですが、老化していくのは自然現象ですから、どんな力を持ってしても止めることは出来ないので、「老化を遅らせる」というのがアンチエイジング本来の意味になります。

アンチエイジングをすることをエイジングケアと言いますが、アンチエイジングは基礎化粧品によるスキンケアだけではなく、エイジングケア成分をサプリで取り入れたり、光老化を引き起こす紫外線をカットするなどいろいろな方法があります。
この中でももっとも人気が高いのは、スキンケアによるアンチエイジングです。
スキンケアは毎日することですから、そのために使う基礎化粧品をエイジングケア専用のものにするだけなので、手軽にアンチエイジングが出来るのが人気の理由です。

エイジングケアに必要な成分は、老化を促進する活性酸素を取り除く働きをする抗酸化作用に優れているものです。
基礎化粧品に配合されているものだと、ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10などが有名ですが、最近人気が高まっているのがプラセンタやアスタキサンチン、フラーレンという成分です。
プラセンタは細胞分裂を促進する効果があるので、新しい肌細胞を作り出して、肌のターンオーバーを活性化します。
ターンオーバーで古い角質と新しい肌細胞が入れ替われば、保湿機能の低下も防げるので、瑞々しく若い素肌を持続できます。
フラーレンはとにかく抗酸化力が高く、その力はなんとビタミンCの約180倍と言われているので、活性酸素を除去して細胞の劣化を防ぎます。

スキンケアなら、このようなエイジングケア成分をダイレクトに毎日取り入れることができるので、人気のアンチエイジング方法になっているのですね。