人気のアンチエイジング方法

アンチエイジングというのは、ここ数年でよく耳にするようになりましたが、アンチエイジングの意味がいまいち分からないという方もいるかもしれませんね。
エイジングは老化という意味で、アンチは反する、抗う、対抗するという意味なので、アンチエイジングはストレートに言うと老化に抗う、老化に反抗するという意味になります。
そのため、アンチエイジング=老化をストップさせる、という意味だと思っている方が多いようです。
ですが、老化していくのは自然現象ですから、どんな力を持ってしても止めることは出来ないので、「老化を遅らせる」というのがアンチエイジング本来の意味になります。

アンチエイジングをすることをエイジングケアと言いますが、アンチエイジングは基礎化粧品によるスキンケアだけではなく、エイジングケア成分をサプリで取り入れたり、光老化を引き起こす紫外線をカットするなどいろいろな方法があります。
この中でももっとも人気が高いのは、スキンケアによるアンチエイジングです。
スキンケアは毎日することですから、そのために使う基礎化粧品をエイジングケア専用のものにするだけなので、手軽にアンチエイジングが出来るのが人気の理由です。

エイジングケアに必要な成分は、老化を促進する活性酸素を取り除く働きをする抗酸化作用に優れているものです。
基礎化粧品に配合されているものだと、ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10などが有名ですが、最近人気が高まっているのがプラセンタやアスタキサンチン、フラーレンという成分です。
プラセンタは細胞分裂を促進する効果があるので、新しい肌細胞を作り出して、肌のターンオーバーを活性化します。
ターンオーバーで古い角質と新しい肌細胞が入れ替われば、保湿機能の低下も防げるので、瑞々しく若い素肌を持続できます。
フラーレンはとにかく抗酸化力が高く、その力はなんとビタミンCの約180倍と言われているので、活性酸素を除去して細胞の劣化を防ぎます。

スキンケアなら、このようなエイジングケア成分をダイレクトに毎日取り入れることができるので、人気のアンチエイジング方法になっているのですね。